蓄電池

Smart Star L のご案内

今ある太陽光発電に、蓄電池をプラスして、

ムダなく、かしこく、電気を自家消費する時代へ。

自然災害の突然の停電時にも安心!!

「2019年問題」とは?

2009年よりスタートした余剰電力の固定価格買取制度。太陽光発電の余剰電力を設置から10年間は高値んで買い取るよう国が電力会社に義務づけました。この制度の目的は、省エネの推進。安定した売電収入が得られるという経済的なメリットをつくり出したことで、結果で気に太陽光発電システム導入の負担を減らし、全国的な普及を後押ししました。2009年度までの導入実績は、約50万件。2011年度にはなんと100万件にも上ります。

しかし2019年以降、固定価格買取制度で保証されていた高値での買取期間である「10年」が経過する家庭が毎年現れます。今後はそれまでの高値な売電価格を前提にしたエネルギーマネジメントの見直しを迫られることになります。このような状況への懸念から「2019年問題」と呼ぶようになりました。
2019年問題-1000

太陽光設置者にアンケート

アンケート1

もし10年の売電期間が終了したらあなたはどうしますか?

■売電を継続したい(既存電力のままか切り替えて) 31%
■蓄電池やエコキュートなどを購入して自家消費する 54%
■電気自動車を購入する 6%
■その他 9%
→ 約5割の方が自家消費を検討!

蓄電池購入者にアンケート

アンケート2-300x300

蓄電池を購入した主な理由は何ですか?

■非常用電源としての使用 47%
■光熱費削減の為 36%
■売電期間が終了する為 13%
■その他 4%
→ 非常用電源としての期待が1位!

蓄電池購入者にアンケート

アンケート3-300x300

蓄電池を購入したことに満足していますか?

■はい 86%
■いいえ 14%
→ 蓄電池購入に8割以上が満足!
smartstarl

人工知能AIが蓄電池の充電放電を最適化

「Smart Star L」と「GridShare」のAI(人工知能)が連携。 各家庭の電力需要パターンを学習し、太陽光や深夜の安い電力を活用したAIによる蓄電池の充放電最適化を行います。

スピード充電:約3時間
安心の10年保証
3kVA 200V:オール電化のご家庭でも安心。3kVAの高出力。200V機器にも対応しているので安心。
9.8kWh:家まるごと使える大容量。家庭で使う1日の電気使用量をまかなえる。